埋葬形態の変化

合掌

複数の種類がある

かつては、人が亡くなると先祖代々のお墓に埋葬することが一般的でした。しかし近年では大きく様変わりし、納骨堂が選ばれることが増えています。納骨堂は遺骨を納めておくお堂のことです。納骨堂の利用者が増えている背景には、田舎を遠く離れて東京など都会で仕事をしていて、お墓参りをするのもままならないといったケースや、子どもがいなくてお墓を継ぐ存在がいないといったケースが増えていることがあります。また、東京のように土地が不足している都会では、墓地を持つのに多額の費用がかかり、経済的に難しいといったことも関係しているでしょう。納骨堂を利用するメリットはさまざまにあります。墓地や霊園の多くは郊外にあることが多く、通うのに一苦労ということがありますが、民間団体が運営する納骨堂などは駅から近く通いやすいことが多いのもそのひとつ。また、基本的に室内にありますので、天候に左右されずにお参りできるのもメリットでしょう。東京で墓を建てる場合、墓石の購入をはじめ維持に多額の費用がかかりますが、納骨堂の場合は墓石代などがかからず費用を抑えることができます。とくに東京都営などの公営のところは料金が安くなります。納骨堂の種類には、遺骨の収蔵スペースであるロッカーがずらりとならぶタイプ、上がお仏壇で下が収蔵スペースになっているお堂が横に並ぶタイプ、専用の機械で操作すると奥に収蔵されていた遺骨がお参りスペースまで自動搬送されてくるタイプなど、複数の種類があります。それぞれ特徴が異なりますので、納骨堂の購入を考えている場合は、まずは実際に見学に言って見て、慎重に決めるようにしましょう。