終活の準備をしておこう

女性

家族と共に相談

神奈川県の霊園に行くと、赤文字で建立者の名を刻んである墓石が多数あります。生前に自分で墓石を購入したり、子供たちが共同で親のために建てた墓石には、まだ魂が入っていた証として彫り込んだ建立者の名前を赤いインクで染めて区別しています。神奈川県の霊園では自分の最期に眠る場所を生前に探したり、家族と相談して終活を行うケースが増えています。生前に神奈川県の霊園を決めておくと、家族は葬儀に必要な準備を心に余裕を持って行うことができます。また、本人にとっても家族に迷惑をかけずに事前準備ができる安心感があります。霊園には公営墓地や民営墓地、寺院内にある墓地などがあります。故人の宗派によって墓石を建てられない霊園もありますが、最近の霊園は宗派不問の場所が増えてきています。費用として永代供養料や管理費を支払いますが、霊園は管理されてきれいに清掃が行き届いています。神奈川県の霊園ではガーデニング墓地や芝生墓地と呼ばれるほど景観が美しく、自分の眠る場所を自ら選びたくなる環境がたくさんあります。また、広大な土地に駐車場が完備されていたり、親族が語らうことのできる集会所も利用できます。このように家族が定期的に墓参りに来やすい環境が整った霊園になっています。大切な人が眠る場所は住み慣れたゆかりの土地にしたいものです。遠隔地に墓石を建ててしまうと、なかなか墓参りに行きにくくなってしまいます。死後も心のどこかに記憶していてもらいたい気持ちを霊園選びに生かしましょう。